カテゴリー: MT4

MT4のEAのダウンロード方法

MT4のEAのダウンロード方法FXトレードの自動場売買ツールとして有名なMT4のEA(Expert Advisor)ですが、今回はEAのダウンロード方法について説明いたします。

まずはどんなEAをダウンロードするかですが、信頼性の低いEAをダウンロードするとMT4や最悪PCに悪影響を与える事がありますので慎重に選択しましょう。EAのダウンロードソースにはいくつかの選択肢があります。MT4の公式マーケットは信頼性が高く、多くのEAが販売または無料で提供されています。一方、専門のトレーディングフォーラムやコミュニティでは、ユーザーが作成したEAが共有されることもありますが、これらの品質や安全性は保証されていないため注意が必要です。また、個々の開発者や企業が運営するウェブサイトからEAをダウンロードすることもできますが、こちらも信頼性の確認が不可欠です。

ダウンロードしたEAをMT4にインストールするには、EAファイル(.ex4または.mq4)をMT4のインストールディレクトリ内の「Experts」フォルダにコピーし、MT4を再起動して「ナビゲータ」ウィンドウに表示されることを確認します。EAを利用する際には、過去のデータを使用してバックテストを行い、デモアカウントでテストすることが推奨されます。これにより、実際の資金を使う前にEAのパフォーマンスを評価できます。また、自動取引ではリスク管理が特に重要であるため、適切な損切りルールや資金管理を設定することが不可欠です。

EAは市場の変動に応じて更新する必要がある場合があります。そのため、EAの提供元のウェブサイトを定期的にチェックし、新しいバージョンがリリースされた場合は更新を行うことが重要です。

MT4のEAをダウンロードし、効果的に取引戦略に組み込むことは、多くのトレーダーにとって価値のあるプロセスです。信頼できるソースからEAをダウンロードし、適切なリスク管理を行いながら、EAを使いこなすことで、トレーディングの効率と成果を大きく向上させることが可能です。

MT4のEAの平均利回りはどれぐらいか

MT4のEAの平均利回りはどれぐらいか

MT4(MetaTrader4)のEA(Expert Advisor)は多くのトレーダーが自動売買を行う事を可能にしますが、はたしてEAの平均利回りはどれほどなのでしょうか?それを調べるために、EAの性能、市場の変動性、リスク管理などの要因に焦点を当ててみましょう。

EAの平均利回りは、さまざまな要因に影響を受けます。以下に、それらの主要な要因をいくつか示します。

1.EAの戦略: EAの利回りは、そのプログラムされたトレード戦略に大きく依存します。一部のEAは短期的なトレンドを追う戦略を採用し、他のEAは長期的なポジションを持つことを重視します。どの戦略が選択されるかによって、平均利回りは異なるでしょう。

2.市場の変動性: 外国為替市場などの金融市場は日々、さまざまな程度の変動性を示します。市場が穏やかな場合、EAの利回りは通常低くなります。一方、市場が大きく動く場合、利回りが高くなる可能性があります。

3.リスク管理: EAの設定によってリスク管理が異なります。一部のトレーダーは高いリスクを取り、高い利回りを追求しますが、これは損失も大きくなる可能性があることを意味します。一方で、リスクを抑えたEAは安定したが低い利回りを提供することが一般的です。

4.トレード頻度: EAは短期間で多くのトレードを行うことも、長期間で少数のトレードを行うこともできます。トレード頻度が高いEAは、小さな利益を積み重ねることができる一方、手数料やスプレッドなどのコストも高まります。

次にEAの平均利回りの測定方法ですが正確に測定するためには、複数の方法があります。以下は一般的な測定方法のいくつかです。

1.バックテスト: 過去の市場データを使用して、EAの戦略をテストし、利回りを評価する方法です。ただし、バックテストは過去のデータに基づいており、将来の市場状況とは異なることがあるため、参考程度に考える必要があります。

2.フォワードテスト: EAを実際の市場でテストし、リアルタイムでその性能を監視します。フォワードテストはバックテストよりも現実的な結果を提供しますが、市場変動やスリッページなどの要因も考慮する必要があります。

3.実際のトレード: EAを実際のトレードに使用し、実際の利回りを記録します。これが最も信頼性の高い測定方法であり、実際の市場状況に対応しています。

EAの平均利回りは、上記の要因に依存して大きく異なりますが、一般的には年間で10%から30%の範囲内で変動することが多いとされています。ただし、一部の高リスクのEAはこの範囲を超えることがありますが、その代わりに損失も大きくなる可能性があります。

重要なことは、EAを選択する際には利回りだけでなく、リスクとリターンのバランスを考慮することです。高い利回りを追求するEAは、それに見合った高いリスクを伴うことがあります。トレーダーは自身のトレード目標、リスク許容度、戦略の適合度を検討し、適切なEAを選択する必要があります。

最終的に、EAの平均利回りは個別の状況や選択した戦略に依存します。トレーダーは慎重に評価し、EAを利用するかどうかの決定を慎重に検討するべきです。

MT4のEA短期トレード

MT4のEA短期トレード

MT4のEAにはさまざまなトレードスタイルがあり、長いものだと数日から数ヶ月ポジションを保有するスイングトレードや、最もポピュラーなデイトレード、そして数秒から数分の短い期間でトレードするスキャルピングなどがあります。

スキャルピングはFXトレードの中でも最も短期でトレードを行うもので、短期間でトレードを終えたいという方に人気の手法です。狙う利益は少ないですが、何度もトレードを重ねることで結果的に大きな利益になることもあります。スキャルピングの最大のメリットは短期間でトレードが完結するという点です。しかしその短期間は集中してチャートに張り付かなければいけません。ロンドン市場やニューヨーク市場の開いた直後や重要経済産業省直後など、市場が大きく動いたタイミングを狙ってトレードを行います。

スキャルピングは何度もトレードを重ねて大きな利益にしていくため、取引コストがかさみます。そのためスキャルピングに向いたFX業者や口座種別を選ばなければいけません。通常のMT4口座だと取引コストの方が大きくなってしまい、ほとんど利益がない状態になってしまいます。しかし海外のFX業者であれば、低スプレッドのMT4口座を提供しているところもあり、それらのMT4口座を利用してください。国内FX業者でも低スプレッドのMT4口座を提供しているところもありますが、国内業者は約定力が弱く、スリッページが発生しやすいため、スキャルピングには不向きです。スキャルピングは短期でトレードを完結するため、スリッページは命取りです。

スキャルピングはEAには不向きのトレードスタイルです。相場全体を見ながら、値動きの方向性や勢いを的確に見極め、短期間で相場の状況を正しく判断しなければなりません。MT4のEAによるテクニカル分析では不十分であるため、裁量トレード向きの短期トレードです。

勉強のための本の探し方

MT4のEAの勉強のための本の探し方

24時間自動でFXトレードができるMT4(メタトレーダー4)のEA(エキスパート・アドバイザー)は、トレーダーの感情を排除し、プログラムが自動的に売買をおこなってくれるため、初心者でもプロや専門家が作成したロジックで比較的安定した利益が得られると評判のソフトです。MT4のEAをセットして稼働させれば基本的には放置していてもよいのですが、1日1回は様子を見ることも大切ですし、現在の相場に合ったEAを自分で選択して稼働することが大変重要ですので、初心者の方は基本的な項目を勉強することが必要です。勉強はインターネットでも様々な知識が得られますが、インターネット上は信憑性が低い情報も多いですし、やはり本で勉強した方が順序立てて効率よく勉強できるようになっていると思います。

MT4のEAでトレードする際にまず勉強すべきは、FXの基礎知識です。MT4のEAは初めてだがFXは経験がある方はこの項目は不要ですが、FX自体が初めてだという方はまず基本的なFXの取引の仕組み、利益や損失の計算、リスク、戦略、様々な基本的な用語(スプレッド、レバレッジ、スワップポイント、ロスカット、通貨ペア、ローソク足など)を学んで理解することから始めましょう。もちろん実際に始めてみないと分かりにくい項目もありますので、基本的な部分は本で読みながら、実際にトレードを初めて理解しながら覚えていくというのもよいでしょう。FXの基本的な項目を理解しないとMT4でチャートを見たりテクニカル分析の意味を理解できないので、まずは勉強しましょう。

FXトレードの経験はあるがMT4のEAを使うのが初めてなら、MT4の解説本やEA自動売買の解説本を探しましょう。MT4の解説本、EAの解説本ともに数多くが出版されているので、アマゾンなどネットで検索すればたくさん見つかります。どうすれば稼げるのか等も本で特集されていたりするので見どころです。

自動停止させる方法

MT4のEAを自動停止させる方法

MT4のEAにはいくつかトレードを停止させるべきタイミングがあります。主なEAを停止するべきタイミングは、重要経済指標発表時や経済に影響を与える事件が発生したときです。これは全てのMT4のEAトレーダーにとって共通です。為替相場が大きく荒れることが予想されるときは、ほとんどのEAトレーダーがEAを停止させるでしょう。他にもトレーダーの考えによっては、週末クローズや一定の時間はトレードを止めるというケースもあります。

EAは自動でトレードを行っているので、本業が忙しかったり、なかなかMT4自体を頻繁にチェックできないという方はEAの停止を忘れがちです。しかしEAを自動停止させるツールを利用すると、停止を失念することもありません。自動停止のツールはスクリプトとインジケーターがあります。スクリプトは指定の日時にEAを自動停止してくれ、スクリプトは価格が一定のラインを越えるとEAを停止してくれます。スクリプトによってどのような条件で自動停止の設定ができるかは異なります。ものによっては、経済指標発表のデータと紐づけされており、そのデータに基づいて経済指標発表の前後にEAを自動停止してくれるという便利なものもあります。これを活用すればうっかりニュースを見逃してしまったり、停止させることを忘れることもありません。

インジケーターで自動停止条件を指定できるものは、レンジ相場で活躍するEAを利用している方におすすめです。指定したラインを越えた場合にEAを自動停止してくれるので、レンジ相場を抜けたときにはEAが自動停止します。不安定なトレードを未然に防ぐことができるので、安心してトレードを行えます。

これらのスクリプトやインジケーターはインターネット上でダウンロードすることができます。有料のものも無料のものもあるので、自分の自動停止したい条件を設定できるか確認してダウンロードしてください。

MT4のEAのバックテストがうまくいかない時に確認する項目

MT4のEAのバックテストがうまくいかない時に確認する項目

MT4のEAのパフォーマンスはバックテストで確認することができます。ダウンロードサイトなどで公開されているバックテストだけでは不十分と感じたときなどに、自分自身でもバックテストを行うことがあります。うまくいかない時は下記の項目を確認してみてください。

▷ヒストリカルデータに問題がある
バックテストがうまくいかない時の原因のほとんどはヒストリカルデータの作成工程でのミスです。ヒストリカルデータが正常に作成されていないと、バックテストはうまくいきません。バックテストの結果の「モデリング品質」の項目が90%になっているかを確認してください。90%以下の場合は、ヒストリカルデータが正常に作成できていない可能性があります。

▷ヒストリカルデータの作成手順が間違っている
ヒストリカルデータの作成は非常に繊細で、ひとつでも作成手順を誤ると正常なヒストリカルデータが作成できません。

▷正しいアカウントを使っているか
MT4のアカウントを複数持っているときに起こるミスです。バックテストをしようとしているEAのダウンロード時に登録したMT4のアカウントで利用しているか、確認してください。ライブ口座用のEAをデモ口座で開いても、バックテストはできません。

▷時間足や通貨ペアが正しいか
MT4のEAによっては時間足や通貨ペアに制限がかかっているものがあります。指定された時間足や通貨ペアがないか確認してください。

▷初期証拠金が少なすぎる
「not enough money」や「Order send error 134」というエラーが出た場合は、初期証拠金が少ないという意味です。また通貨種別は、稼働させる通貨ペアの決済通貨で行わなければなりません。たとえばEURJPYやUSDJPYの場合は、初期証拠金はJPY(日本円)でなければいけません。

以上がよくある間違いです。ひとつひとつ丁寧に確認してみてください。

時間指定で決済する方法

MT4のEAで時間指定で決済する方法

MT4でFX取引を行っている人の中には、週末にはポジションを持ち越したくないという人やアメリカの雇用統計発表の前に決済しておきたいという人もいるでしょう。しかし毎度毎度手動で決済するのは面倒ですよね。決まった時間に必ずパソコンの前に待機するのもかんたんではありません。MT4のEAの中には、任意の時間指定や曜日指定で全ポジションを決済してくれるEAもあります。

これらのEAでは、パラメーターで決済したい日時の指定をすることが可能です。細かい機能や設定内容はEAによって異なるので、EAの詳細を確認するか開発者に問い合わせてください。

決済ツールを利用すれば時間指定されたタイミングでエントリーや決済を行うことが可能になります。こちらもツールによって詳細は異なりますが、一定の条件に達した場合、時間指定、曜日指定、証拠金維持率などさまざまな要件でEAを一時停止させたり、ポジションを決済することができます。

MT4のデフォルト機能だけでは、時間指定で決済を行うことはできませんが、曜日や時間指定でEAを停止させることは可能です。この設定はパラメーターから行います。設定方法は以下の通りです。

  1. EAのチャート上で右クリックする。
  2. 「エキスパートアドバイザ」→「設定」を選択する。
  3. パラメーター設定画面が表示されるので、「パラメーターの入力」タブをクリック。
  4. 「WEEKEND CLOSE」または「WEEKDAY CLOSE」をTrueに変更する。
  5. 「保存」→「OK」で設定完了。

WEEKEND CLOSEは週末にポジションを持ち越さない設定、WEEKDAY CLOSEは平日の時間指定した曜日・時間にEAを一時停止する設定です。

MT4は自由度の高い取引ツールですので、自分のトレードスタイルに合わせて設定や利用するEAなどを工夫してみてください。

フリーダウンロードできるMT4のEA

MT4で稼働できるEAは有料のものから無料でフリーダウンロードできるものまで様々です。無料でフリーダウンロードできるEAでも有料のものに劣らずFX自動売買で稼げるものは国内にも海外にも多数あります。MT4のEAを選ぶ際、自分のトレードスタイルに合ったEAを選ぶことが大切であり、相場によって向き不向きがありますので複数のEAを所有して使い分けることはFX自動売買で勝つためには重要な要素の一つになります。まずは無料でフリーダウンロードできるEAを複数試してみて、自分に合ったEAのタイプを見極めることをお勧めします。インターネットでフリーEAと検索すると多くのサイトでフリーダウンロードできるようになっていますが、基本的には無料EAには口座縛りの制限がかかっていることが多いです。口座縛りがなくパフォーマンスも良いEAを探すのは少し苦労するかもしれません。また、中には個人がアップロードしているような実運用には不十分なEAも出回っているのでご注意ください。いずれにせよ、実際の運用にはバックテストやフォワードテストの結果などでEAの実績を検証してから運用することが大切です。

MT4でEAのバックテストに合わせた最適化の設定

MT4での最適化の設定とは、EAのバックテストに合わせて、パラメーターをどの数値にしたら一番利益が出ていたかを過去のデータをもとに検証し、パラメーターの設定を調整していく作業です。最適化をおこなうことでバックテスト結果に一番適したMT4のパラメーターを検出することができ、その条件においてはEAのパフォーマンスを最大にするパラメーターが分かりますが、それが将来の相場にも適したパラメーターになるとは限りません。過去のデータに合わせて過剰に最適化してしまうと、将来の成績はむしろ悪化してしまう可能性があります。販売されているEAはすでに開発者により最適化がある程度おこなわれていることが多く、自分で調整する必要がない場合もよくあります。MT4で最適化をするには、ストラテジーテスターを表示させ、最適化するEAを選択、通貨ペア、モデル、期間、スプレッドを選択。エキスパート設定の「テスト中」タブで最適化をおこなう初期証拠金とポジションを選択。「パラメーターの入力」タブで最適値を割り出したいパラメーターの「変数」欄にチェックを入れ「スタート」、「ステップ」、「ストップ」を入力。ストラテジーテスターの画面に戻り、「最適化」にチェックを入れたうえで「スタート」をクリックします。

MT4のEAのバックテストにはスプレッドの固定が重要

MT4のEAのバックテストをおこなう際、スプレッドは選択して固定するか現在値を選択するかになりますが、正しいバックテスト結果を得るにはスプレッドを固定することが重要です。現在値を選択していると、MT4のその時点でのスプレッドが適用されますが、バックテスト毎に異なる結果となってしまいます。多くのFX業者ではその時の相場の流動性によりスプレッドが変化する変動制を採用しており、MT4でEAのバックテストをする時に例えば普段はスプレッドが1pipsなのに5pipsに広がった時にバックテストを開始してしまうと全期間のスプレッドが5pipsとして計算され、実際にあるべき結果とかなり差が出てしまいます。平均的なスプレッドあるいはスリッページも考慮したスプレッドに固定してバックテストをおこなうことで比較的安定した結果を得ることができます。なお、MT4でスプレッドを選択する画面では、スプレッドの数値は0.1pips単位となり、つまりスプレッドを10にすると1pip、スプレッドを20にすると2pipsとなります。pipsは買値と売値の差を表すスプレッドの単位として用いられており、1pipがいくらを表しているのかは通貨ペアによって異なります。